取扱業務

一般企業法務

一般企業法務とは、クライアント企業を取り巻く様々な法律問題及び契約等に関し、法的アドバイスを提供する法律事務です。従来的な紛争の処理のみならず、予防的に紛争を防止するための対策を提案いたします。

食品偽装、談合、脱税┅┅┅最近よく報道される企業犯罪。また、特許権・商標権侵害訴訟、不当解雇撤回訴訟、セクハラ・パワハラ訴訟、各種損害賠償請求訴訟。これらは、悪意がないまま、これまでの慣習を続けてきて、気が付いたら当局の指導を受け、あるいは裁判を起こされ、多額の賠償金を請求されたというのがほとんどです。その結果、長年にわたり築き上げた社会的信用を失い、最悪の場合は会社存続の危機に陥るということもあります。法律に明るい人がそばにいたらそんな事態になる前に何らかの手がうてたはず。漫然と続けている日々の企業活動をもう一度見直してみてください。不安にかられることはありませんか。私たちは、どんなささいな問題でも相談に乗ります。『まさか、弁護士にこんなことまで』という懸念は一切ご無用です。

また、日常的に契約書を漫然と締結していませんか。契約書を甘く見ると後で取り返しのつかなくなることもあります。また、力関係から契約書の交渉を諦めているようなケースでも、法律の知識をもって交渉すれば、不当に不利な契約を締結しなくてすみます。さらに、将来の債権回収に備えて、あるいは、万一紛争になった場合を見据えて、強い契約書を締結することも会社の足腰を鍛える、とても重要なことです。簡単な契約書でも、どうぞご相談ください。

コンプライアンス体制確立の指導 , 個人情報保護法 , 株主総会指導 , 各種契約書の作成・チェック , 独占禁止法 , 景品表示法 , 下請法 , 環境法 , 保険法・保険業法 , 苦情処理 , クレーム対応

一般企業法務に関する記事