取扱業務

知的財産権

特許権・実用新案権・意匠権・商標権・著作権・不正競争防止法・ノウハウ等に関する法的アドバイス

知的財産権にかかわる各種契約

知的財産権侵害事件等の紛争解決

 知的財産は、人の知恵、創造力を資源とする無限の財産です。 しかも、法律によって保護される財産です。 

 しかしながら、専門の知的財産部を設けている一部の大手企業を除くと、社内に専門家がいないために、大切な知的財産を十分に活用できていないケース、あるいは法的な問題に対し無防備なケースがほとんどではないでしょうか。

 例えば、せっかくの発明について、他社に模倣されて悔しい思いをしたり、ライセンス契約に不手際があって正当な利益を得ることができなかったり、ノウハウを全て持ち逃げされてしまったり・・・・・・、専門家に相談していればそんな悲劇にならずにすんだ「もったいない」例をよく耳にします。

 また、うっかり特許権や商標権等の知的財産権侵害訴訟を提起された場合、裁判で敗訴すると、当該製品の販売をやめなくてはならなくなり、さらに、多額の損害賠償を請求されるなど、企業活動に与える影響は大きく、会社存続の危機に直面する事態に陥ることもあります。

 一方で、知的財産権を積極的に活用して成功しているケースがあります。

利用できるのは特許だけではありません。例えば、ブランド作戦。ブランドと言っても著名な高級ブランドの話ではありません。 商標権を活用して、自社ブランドを構築して宣伝効果を高めるとともに、他社との目に見える差別化を図るという戦略です。

 悲劇を招く前に、ご相談ください。そして、知的財産権を積極的に活用して企業活動を展開しませんか。

 私たちは、どんなささいなことでも相談に応じます。 また、各分野の弁理士とのネットワークを活かし、必要に応じて対応することも可能です。 お気軽にご相談ください。

これまで取り扱ったケース

訴訟・交渉
  • 商標権侵害につき並行輸入が争点になったケース
  • 部品製造につき商標的使用が争点となったケース
  • 写真家の著作権が争点となったケース
  • システム開発契約の解除の可否が争点となったケース
  • 退職した従業員が競合する商品を販売し営業秘密が争点となったケース
  • 中国からの模倣品がインターネット上で販売されたケース
契約・相談
  • 特許権のライセンス契約
  • 海外ブランドの販売契約(商標ライセンス含む)
  • キャラクター商品の販売契約
  • 職務発明規程作成についての相談・助言
  • 秘密保持契約

ほか

知的財産権に関する記事